ダイエットをする人の多くが経験していること

リバウンドは、ダイエットをする人の多くが経験していることですが、その背景には停滞期があります。停滞期とは、ダイエット経験者なら、経験がある方が多いのではないでしょうか。初めの頃はスムーズに減っていた体重が、ある一定の期間を過ぎると急に減らなくなります。この期間のことを、一般的に停滞期と呼んでいるのです。停滞期は、太りやすくなるわけではありません。停滞期は、ホメオスタシスという体の機能が、生命維持の為に一気に体重が落ちるのを抑えているのです。体重を減らしたくて食事の量を減らしているのに、体の方は外部からの食事の供給が途絶えたことを危機的状況だと思うのです。体内でできるだけエネルギーを使わないようにして、生き延びようとホメオスタシスが頑張るのです。そしてエネルギーをなるべく、消費させないようにするのです。そのため、リバウンドが発生しやすくなります。ホメオスタシスのスイッチが入らないようにする方法もあります。例えば、急激に体重を減らすのではなく、月々はいくら多くても2キロぐらいに体重減少を抑えたり、食事制限もあまり過激にはしないということです。リバウンドせずにダイエットをしたいなら、気をつけたいことがいくつもあります。